面接官のホンネ-面接対策TOMONI-

当サイトは就職活動、転職活動、アルバイト等ありとあらゆる場面でぶつかる面接について対策を綴っていきます。

自己分析のやり方はこれだけ!【たった3つの方法】

どうも。面接官のTOMONIです。

 

当記事は、自己分析のやり方が分からない、自己分析をやってみたけど深掘りできない人、または自己分析はいつやったらいいのかと、迷っている人に向けて解説していきます。

 

私自身も面接を受ける前は必ず自己分析をしてきました。

 

その自己分析のおかげで就活も無事に大手証券会社に就職でき、さらに転職も希望通りの会社に行くことができたので、本日紹介するやり方をマスターすればきっと自己分析は上手く行くと思います。

 

それではいきます。

 

もくじ

 


1. 自己分析のやり方はこれだけ!

自己分析のやり方はこれだけ

自己分析のやり方はこれだけ

さて、これから自己分析のやり方について解説していきますが、やり方はたった3つだけです。

 

この3つのやり方をマスターすれば、きちんと自己分析ができていると思うので、良くやり方を確認しながら自己分析をしてみてください。


1-1. 自己分析とは


まず、最初に自己分析とは一体何かということを説明していきます。

 

自己分析は、自分の特性や、自分の得意なことや苦手なこと、そして自分の心が動くときを明確にする分析です。

 

なので、これらを明確にしておかないと、企業を選ぶ軸もぶれぶれになってしまいますし、いつまでたっても自分に合う仕事が分からないことになってしまいます。

 

この自己分析をおろそかにして、面接を受けてもきっと上手くいきません。

 

面接官である私は、候補者に対して質問をもちろんするわけですが、深掘りすると自己分析ができていない人は答えに詰まるのです。

 

自己分析を明確に行っていないと、自分がなぜその企業を受けているのか、なぜその企業に興味を持ったことが分からないため、(分かっていたとしてもそれは上辺だけ)回答も芯が通っておらず、面接官には響かない言葉になっています。

 

だからこそ、貴方はきちんと答えが出るまで自己分析を良く時間をかけてやりましょう。

 

1-2. 人生の年表を作成せよ


次は、人生の年表を作ることをお勧めします。

 

人生の年表とは、生まれた時から現在までに、覚えている範囲でいいので起きた年代と印象的なエピソードを書きます。

 

初めて自転車に乗れたことから、受験に受かった話、部活の話、などこれまでの人生でいくつかの印象的なエピソードはあったと思います。

 

それを書きましょう。

 

なぜこんなことをするのかというと、自分の性格や趣味嗜好などは、これまでの人生ですでにエピソードとして表されており、自分がどういうシチュエーションならテンションが上がるかなどは、過去を遡ればわかることです。

 

自分の過去をみないで、自分のことを分かろうとしても無理です。

 

過去を遡ることにより、「食品メーカーを目指しているけど本当はアパレル関係の仕事が好きだったのではないか、常に興味はアパレルしかないのではないか」、とハッとさせられることもあります。

 

だからこそ過去をしっかりと遡り、小さなことから大きなことまでありとあらゆるエピソードを思い出して書くのです。

 

書くことで頭も整理されますし、こんなこともあったなと思い出す可能性も大いにあります。

 


1-3. 達成エピソードを抽出せよ


さて、エピソードを抽出したならば、その中で達成エピソードだけを抽出しましょう。

 

達成エピソードには少なくともご自身でPDCAを回した経験があることから、面接でアピールすることができます。

 

PDCAを振り返ることにより、自分の趣味嗜好が分かります。

 

そこでなぜ自分がその判断を下したのか、◯◯という性格からだ。

 

という流れが明確になります。

 

明確になると、自分の仕事はどんなものが合っているのか、どんなものが嗜好に合っているかなどがわかるので、企業選定が非常に楽になります

 

何かを達成した経験やエピソードがないという人は、自分の人生史上一番強烈だった出来事を抽出してください。

 

同時に、どういう気持ちになったのか、およびアクションをその経験の横に書くのです。

 

例えば、悔しい、悲しいという後ろ向きな気持ちであれば、その気持ちを乗り越えるために何をしたのか。

 

死ぬほど努力したとか色々あると思います。

 

苦しい思いをした時に、逃げずに貴方は死ぬほど努力したということであれば、貴方は困難い立ち向かえる人間ということであることが証明できます。

 

このような自己分析を行うことで、面接時に「貴方の強みは何ですか?」と聞かれてもすんなりと答えることができます。

 


1-4. 達成要因を分析せよ


さて、上記のPDCAの部分でも触れましたが、達成エピソードがある方は、なぜそのエピソードが達成できたのかという、要因分析を行いましょう。

 

要因分析を行うと、貴方がどういう性格の人なのか、どういう強みを持つ人なのか、どういうことが得意なのか、ということが浮き彫りになっていきます。

 

もし小さくてもいくつか達成エピソードがあって、共通して特徴などがあればもうそれは立派な特徴ですので、自信を持って強みとして面接官に伝えていいでしょう。

 

また、要因分析の他に、達成してどういう感情を得て、なぜその感情になったのかも分析しましょう。

 

これをすることで、貴方が仕事に対しどんなやりがいを求めるかが分かってきます。

 

人によって、仕事のやりがいはバラバラです。

 

給料の人もいますし、出世の人もいますし、誰かの役に立ちたいという貢献心の人もいますし、人それぞれです。

 

やりがいは、自分の価値観なのでなんでもいいと思いますが、これは明確にしておかないとあとあと企業選択を後悔することになります。

 

だからこそ、達成した時に得る感情を分析し、またその感情が生まれた要因も分析することは重要なのです。

 


2. 自己分析ができた貴方に

自己分析ができた貴方に

自己分析ができた貴方に

さて、これまで自己分析のやり方について書いてきましたが、自己分析が終わった方はぜひ次のステップに進んでください

 

次のステップとは、他人からも貴方の分析をしてもらい、そして自分の自己分析と答え合わせをするのです。

 

自分自身だけの分析だけだと、本当に深くまでできているかは分かりません。

 

貴方は自分のことを◯と思っていたのに、他人からは◇と思われていたなら、なぜそのギャップが生じてしまったのかを分析する必要があります。

 

分析することでより深い自己分析になりますので、他人からの分析結果を得るためにも以下のサービスに是非登録してみてください。

 

【企業が学生にオファーするスカウト型の新卒就活サイトOfferBox】


OfferBoxとは、企業が興味を持った学生にオファーする、新しい就活サイトです。

 

貴方がOfferBoxに自分のプロフィールを登録すると、企業はプロフィールを検索し、自社にあった方にオファーを送ります。

 

そのため、貴方が自分に合っていると思った会社からオファーがくれば、貴方の自己分析は成功ということになります。

 

自己分析の出来栄えを知るためにもこのサービスはおすすめです。

 

ちなみに、OfferBoxの利用学生数は12万人以上で就活生の4人に1人が登録しています。

 

オファーをする利用企業数も5000社以上(2019年7月時点の実績)あり、 大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用しています。

 

プロフィール入力率を80%以上にすると90%以上の人にオファーが届くサービスです。

以下から、是非登録してみてください。↓↓

 

3. まとめ

まとめ

まとめ

ここまで自己分析のやり方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

就活の時期になると、必ず自己分析はすると思いますが、新卒に関係なく中途でもしっかりと自己分析はやるべきだと私は思います。

 

以下本日のまとめになります。

 

・自己分析とは、自分の心が動く時や強みを分析
・自己分析ではまず自分年表を作成せよ
・達成エピソードを抽出せよ
・達成要因を分析せよ
・感情分析をせよ
・他者からの分析を踏まえて答え合わせをせよ

 

これらがまとめになります。

 

自己分析は自分でやって終わりという方もいますが、是非他人からも分析もしてもらい、自分の自己分析がよかったのかの答え合わせを是非してみてください。

 

それでは頑張ってください。