面接官のホンネ-面接対策TOMONI-

当サイトは就職活動、転職活動、アルバイト等ありとあらゆる場面でぶつかる面接について対策を綴っていきます。

転職の面接で受からないのは理由がある【面接官が提案する対策】

どうも。面接官のTOMONIです。

 

当記事は、転職の面接に受からないという人や、受からない理由が分からないという人に向けて、対策を解説していきます。

 

記事を書いている私は、転職を3回しましたが、面接に受からないということはありませんでした。

 

当時気をつけていたことなどを当記事には盛り込み、なぜ私が面接に合格していたのかも含めて解説していきます。

 

また、現在は面接官という立場で仕事もしておりますので、面接官の視点も踏まえて解説していきますので、それなりに信頼感ある記事だと思います。

 

それではいきます。

 

もくじ

 


1. 転職の面接で受からないのは理由がある

転職の面接で受からないのは理由がある

転職の面接で受からないのは理由がある

さて、転職の面接で受からないのは理由があると書きましたが、この理由はざっくり言って4つあります。

 

その4つについて解説していきますので、すべて確認してみてください。

 

1-1. 身なりに気を配っているか


まず、はじめに身なりにきちんと気を配っているかということです。

 

第一印象は非常に重要と言われますが、これは本当に重要です。

 

私も面接官をやっていて面接会場に入って2秒で落とすこともあります。

 

それぐらい第一印象というのは貴方を一瞬で判断してしまう指標にもなるのです。

 

では、どんな所に気を配ればいいのかを書いていきます。

 

まず、スーツの上着とズボンです。

 

これがシワシワであれば最悪です。

 

上着の背中がシワになっていないか、ズボンの膝裏がシワシワになっていないか、折り目はきちんとついているか、を確認してください。

 

次に、ワイシャツがきちんとクリーニング出しているかです。

 

ワイシャツはアイロンでいいじゃん、と思われているかもしれませんがワイシャツは必ずクリーニングに出した方がいいです。

 

スーツの上着をきているので、そんなに見られないのでは?と思うかもしれませんが、実はワイシャツはスーツのVゾーンから見えやすいですし、袖からも見えます。

 

そのときに、きちんとクリーニングでプレスをしていないと、清潔感が出ません。

 

もし貴方が顧客と接するような仕事を目指していらっしゃるのであれば、これは必ずやりましょう。

 

また、元の仕事が顧客と接するような仕事をしていて、そこで実績をあげていたなどと熱弁を面接官にしたとしても、身なりがきちんとしていなければ何も説得力はありません

 

最後に、靴です。

 

靴が磨いているのかも重要です。

 

理想は週に一度は磨き、また毎日一足の靴を履かずに、一週間3足の靴を履き回しましょう

 

そうすることで靴へのダメージが軽減できます。

 

そんなに靴を持っていないということは、どうしても靴が汚れてしまいダメージが積み重なっていると思いますので、面接の前にはミスターミニットなどに行って磨いてもらいましょう。

 

面接官は足元も必ず見ています。

 

そこまで手入れが行き届いていないと、仕事でもその性格は出ると判断しているからです。

 

自分の細かな点にも気を配れない人が、他人や仲間またはクライアントに対し気を配れるかという点では非常に疑問です。

 

なので、靴はしっかりと磨いていきましょう。

 


1-2. ネガティブな理由を言ってないか


面接に受からない理由としてネガティブな理由を言っていないか、ということは要チェックです。

 

転職理由として、前職で上手くいかなかったとか、前職がつまらなかったとか、前職で希望通りの仕事をやらせてもらえなかったから転職するとかはNGです。

 

これらネガティブな理由で面接をすると、高確率で貴方は落選です。

 

なぜなら、サラリーマンである以上、貴方が言っている理由はまた訪れるかもしれないからです。

 

面接官としては、貴方がどんな仕事に対して、喜びや、やりがいを感じるのかは未知ですし、希望通りの仕事も会社の都合で叶ったとしても、いつまたできなくなるのかはわかりません。

 

それがサラリーマンだからです。

 

だからこそ、そんなネガティブな理由を面接でするとまたすぐに転職してしまうだろうな、と面接官は思ってしまうのです。

 

そんな人に採用コストはかけられません。

 

だから実績が重要なのです。

 

もしかしたら貴方は事実として、つまらないとか、希望通りの仕事ができなかったというのはあるかもしれません。

 

しかし、それは隠すべきです。

 

隠して実績を伝えるのです。

 

実績でないと転職では貴方の実力や、転職先でどう活躍してくれるのかが全く見えません。

 

実績を出して、さらに高みを目指したい、さらにスキルを身につけて経験を積んで成長したい!などの前向きな理由でないと、転職市場の面接は受かりません。

 

ポジティブ理由で面接は受けましょう。

 


1-3. 身の丈にあった年収を提示しているか


では次に、身の丈にあった年収提示をしているかということです。

 

もし貴方が今600万の年収であれば800万の提案は結構厳しいです。

 

よっぽど貴方が前職で実績を出していたり、難易度が高い資格を保有しているか、などがないと200万アップはかなり難しいです。

 

100万アップぐらいは今の転職市場ではできると思います。

 

転職市場は今活況に満ち溢れていますし、どこも人材を欲しがっています。

 

私も2社目での年収は前職と比べて100万アップでした。

 

そのときはやはり実績が響いたからこそ、100万アップが叶ったんだと思います。

 

なので実績も何もない人が高い年収を提示しても、採用側としてはなぜその年収を払わなければいけないのか、という理由が見つからないのです。

 

本当にその会社が人材を欲しがっているのなら、きっと貴方に対し年収をもっと下げれないか、交渉をしてきますのでそこまで言ってもらえるように、きちんと実績をアピールしましょう。

 

 

1-4. 実績はあるか


最後に、実績です。

 

今まで散々実績については話してきましたが、これは重要な指標になります。

 

実績がないと年収がアップするようなプラスの転職は難しいと思った方がいいです。

 

なぜなら実績がないと、ポジションが与えられないし、現在の在籍メンバーにもなぜ貴方を年収を上げてまで採用したのかという説明ができません。

 

では、実績とはどこまでのことを言うのでしょうか。

 

実績は、仕事の成果です。

 

具体的には数字です。

 

たまに、私は前職の会社ですごく一生懸命頑張って、クライアントからとても信頼できると言われました!と言う候補者の方がいますが、これは何も実績ではありません。

 

実績とは、その会社で何%売上をあげたのか、またはどのくらいコストを削減したのか、など数字がないと、何も成果が分かりません。

 

厳しい話ですが、ここが新卒採用と中途採用の違いです。

 

中途採用ではとにかく数字がある実績が求められ、そのあと向上心や貴方のキャラクターなどを見ていきます。

 

なので数字のある実績を面接官に伝えましょう

 


2. 面接対策をしたい貴方に

面接対策をしたい貴方に

面接対策をしたい貴方に




さて、これまで転職の面接で受からない理由について述べてきましたが、それでも受からない、または不安だ、という方はいらっしゃると思います。

 

そんな方に向けてface to faceで相談ができる素敵なサービスを紹介しておきます。

 

【ブラッシュアップ・ジャパン(株)が運営する「20代の転職相談所」】


こちらのサービスは、20代の主に第二新卒者に特化した転職支援サービスです。

 

経験豊富なキャリアカウンセラーが一人一人にあった転職先を紹介してくれて、きちんと対策を行ってくれます。

 

何より親身になって相談に乗ってくれますので、バックアップ体制が非常に頼もしいです。

 

一度キャリアカウンセラーの方と面談してみて、今の貴方の不安を伝えたら、きっと親身になって相談にのってくれます


以下のリンクから是非面談予約してみてください。もちろん無料です。↓↓

 

 

3. まとめ

まとめ

まとめ

はい、それではここまで受からない理由について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

 

簡単に以下振り返りたいと思います。

 

・身なりに気を配っているか

・Yシャルはクリーニングに出しているか

・スーツのシワは取っているか

・靴は磨いているか

・転職理由はネガティブになっていないか

・具体的な数字の実績はあるか

 

まとめますとこのようなことでしたね。

 

身なりについては本当に誰でもできることなので、今すぐにやりましょう。

 

また、実績についても何か数字で言えるものがないか振り返ってみてください。

 

それでは頑張ってください。