面接官のホンネ-面接対策TOMONI-

当サイトは就職活動、転職活動、アルバイト等ありとあらゆる場面でぶつかる面接について対策を綴っていきます。

新卒の面接で聞かれる質問5選【現役面接官が教えます】

どうも。面接官のTOMONIです。

 

当記事は、新卒採用の面接でどんな質問がされるのか不安に思っている人向けです。

 

「新卒採用の面接ではどんな質問をされるのだろう。」

 

「新卒採用の面接はどんな対策をしていけば良いのだろう。」

 

「新卒の面接ではどんなところに気をつければいいのだろう。」

 

このような疑問に答えていきます。

 

 

記事の信頼性

 

記事を書いている私は、現役新卒採用・中途採用の面接官です。

 

一人の面接官の意見として参考にしていただければと思います。

 

 

もくじ

 

 

 

 1. 新卒採用の面接で聞かれる質問5選

新卒採用の面接で聞かれる質問5選

新卒採用の面接で聞かれる質問5選

 

1-1. 志望動機

 

まずは、志望動機です。

 

これを突破しなければ、面接では落選です。

 

なぜなら志望動機には、貴方のアピールポイントや、論理性熱意、などなど様々な要素が含まれています。

 

志望動機がハッキリしている候補者は、非常に印象に残りますのでしっかりと準備していきましょう。

 

志望動機の聞き方は、面接官によって様々であり、志望動機を聞いているのか分からない人もたまにいますので注意しましょう。

 

例えば、

 

 

「志望動機を教えて下さい」

 

「なぜ弊社に興味を持ったのですか?」

 

「貴方の強みは弊社のどこで発揮されるのでしょうか。」

 

 

このように、ストレートで聞いてくる場合もあれば、変化球で聞いてくる場合もあります。

 

面接官が今、何を聞こうとしているのかを察することも重要です。

 

1-2. 自己PR

 

続いて、自己PRです。

 

自己PRは端的に話す場合と、長く話す場合があるので、それぞれのパターンを準備しておくと良いでしょう。

 

なぜなら、自己PRを話す場面は、一対一の面接であったり、候補者が何人かいるグループ面接があったりします。

 

グループ面接のときは当然、貴方一人に時間をかけられないので短い時間で自分のアピールポイントを伝えないといけません。

 

例えば、面接官はこのように聞いてきます。

 

 

「自己PRを30秒で話して下さい。」

 

「1分で自己PRを話して下さい。」

 

 

など、具体的な時間を述べてくることが結構多いです。

 

そのとき面接官は、時間を計っているかというとそうではありません。

 

しかし、感覚的に30秒なのか、1分なのかはわかりますので、事前に練習しておくことをお勧めします。

 

このようなパターンをいくつか持っておかないと、不意に質問されたときにパニックになってしまい、本末転倒になってしまう方もいますので注意です。

 

1-3. 人生で一番辛かったことは?

 

次に、人生で一番辛かったことを聞かれることは非常に良くあります。

 

貴方はこの質問の意図が分かりますでしょうか。

 

この質問は、貴方のタフさと、仕事で辛い局面に遭遇したとき、どう乗り越えるかを見ています。

 

まずタフネスについてです。

 

投資銀行や、コンサルなどの激務の会社では優秀な学生を求めますが、優秀なだけでタフネスがないと仕事はできません。

 

一年目は特に徹夜で仕事をするときもしばしばあるので、これに耐えられる人材なのか、ということも面接官は見ています。

 

次に辛い局面の乗り越え方です。

 

社会に出ると、仕事は楽しいことばかりではなく、辛いことも多くあります。

 

特に一年目は想像と異なる仕事をすることが多く、慣れない仕事も多いので、必ず辛い場面に遭遇します。

 

そんなとき貴方はどう対処するのかを面接官は見ているのです。

 

逃げるのか、諦めるのか。

 

または、どう対処できるのかを懸命に考えアクションするのか

 

当然後者の方が魅力的です。

 

辛かった経験を杓子定規に伝えるのでは、味気ないです。

 

ここでは伝え方がポイントになっていきますので、それはまた今度お伝えします。

 

1-4. 長所と短所

 

次に、長所と短所です。

 

長所と短所は、面接官は貴方がきちんと自己分析ができているのか、同時に向上心又は成長意欲があるのかを見ています。

 

長所と短所が把握できておらず、短所が仕事に大きく影響したら会社としても困ってしまいます。

 

もちろん、人間誰しも短所があることは面接官も分かっています。

 

しかし、その短所を放置して仕事に影響が出るようであれば面接官としては不安に思うのです。

 

なのでここでは、長所と短所を単に述べるのではなく、短所を述べた後にどう短所をカバーするのか、どう克服していくのかを述べて欲しいです。

 

そう話せば貴方は新卒採用の中で、向上心又は成長意欲が高い人材と見なされます。

 

例えば以下です。

 

 

「私の長所は◯◯で、◯◯です。短所は◯◯というところがありますが、◯◯を克服または、出さないように、日頃こういった部分に気をつけて行動しています。」

 

 

このように答えれば面接官も、「この子はきちんと自分の短所を認識しており、克服する努力をする向上心のある子だ。」という評価につながります。

 

1-5. 最近のニュースで気になったことは?

 

最後に、最近のニュースについてです。

 

新卒採用のときはかなりの頻度で聞かれます。

 

これについてはそこまで心配することはありませんが、志望する企業の業界ニュースや、企業のニュースはチェックしておきましょう。

 

なぜなら、チェックしているかしていないかが、志望度につながるからです。

 

例えば食品関係の会社に就職するときです。

 

 

「(食品関係の会社の面接官)最近気になったニュースはありますか?」

 

「(貴方)新型のアップルウォッチが出たことです。」

 

「(食品関係の会社の面接官)ある食品会社で衛生問題が話題となった大きな事件がありましたが、ご存知ありませんか?」

 

「(貴方)存じ上げませんでした。」

 

 

はい、落選です。

 

この場合、もしチェックしていたならば、「この子は口だけじゃないんだな」という印象になります。

 

余裕があればそのニュースについて、自分の意見を準備しておくといいでしょう。

 

これも面接官に聞かれるポイントです。

 

2. マナーについて

マナーについて

マナーについて

 

マナーについても覚えておきましょう。

 

2-1. 明るく元気に挨拶

 

面接官が部屋に入ってきた、又は自分が部屋に入ったら明るく元気に挨拶しましょう。

 

第一印象が暗いと、一緒に働きたくない人材と思われかねません。

 

面接官は志望動機や自己PR以外にも、一緒に働きたい人材か、ということも見ています。

 

貴方が入室の挨拶は、声を大きく「失礼します!」です。

 

面接官が入室された際は、声を大きく「こんにちは!おはようございます!」です。

 

些細なことですが、これは重要です。

 

2-2. 面接官が来たら起立

 

面接官が入室されたらきちんと起立して挨拶しましょう。

 

新卒採用をしているとたまにこんなことができていない学生がいますので、注意しましょう。

 

即落選です。

 

2-3. 御礼を伝えよう

 

最後に御礼です。

 

御礼とは、名前と大学名を名乗るときに枕詞としてつけといた方が好印象です。

 

例えば以下です。

 

 

「本日は面接していただきありがとうございます。◯◯大学◯年の◯◯と申します。本日はよろしくお願いします。」

 

 

面接をしてもらって当たり前と思ってはいけません。

 

面接官も仕事ですが、ESを見て貴方を選んだのです。

 

素直に感謝の気持ちを伝えましょう

 

出来ていない人が多いので、これをスムーズに気持ちよく出来てたら好印象です。

 

3.まとめ

 

まとめ

まとめ

以上、新卒の面接で聞かれる質問5選でした。

 

まとめると以下です。

 

  • 志望動機
  • 自己PR
  • 人生で一番辛かったことは?
  • 長所と短所
  • 最近気になったニュースは?

 

これらは必ず聞かれますのでしっかり準備していきましょう。

 

それでは。