面接官のホンネ-面接対策TOMONI-

当サイトは就職活動、転職活動、アルバイト等ありとあらゆる場面でぶつかる面接について対策を綴っていきます。

面接中の深掘りがなぜ行われるか

どうも。面接官のTOMONIです。

 

本日は、志望動機や自己PRが一通り終わった後にされる、深掘りの対策について紹介したいと思います。

 

これは新卒採用の就職活動はもちろんのこと、転職活動中の貴方にも有益な情報だと思いますので、ご参考ください。

 

もくじ

 

 

1. 面接中の深掘りがなぜ行われるか

面接中の深掘りがなぜ行われるか

面接中の深掘りがなぜ行われるか



 

 

さて、面接中にされる深掘りですがそもそもなぜ深掘りがされるのでしょうか。

 

面接官が深掘りするのにも理由がありますので、まずは面接官の質問の意図や背景を理解しましょう。

 

1-1. 貴方に興味がある

 

まず一つ目は、当たり前ですが貴方に興味があるから深掘りするのです。

 

深掘りされたらドキッとせずに、ラッキー!と思ってください。

 

志望動機や自己PRを端的に理路整然と話した貴方は、見事面接官の興味を惹いています。

 

 

1-2. 話をもっと聞きたい

 

二つ目は、話をもっと聞きたいのです。

 

これも当たり前ですね。

 

 

貴方が志望動機で一生懸命語っていた、素晴らしい経験はどうしてできたのか。

 

なぜそもそも選択したのか。

 

え、これ違うんじゃない?

 

 

と、要するに面接官はツッコミして、貴方と会話をしたいのです。

 

ここで志望動機や自己PRのテンプレを丸暗記だけしていた人は、面接官と会話ができなくなってしまいますので注意です。

 

深掘りされたときは面接官と会話するチャンスですので、楽しいキャッチボールを心がけてください。

 

 

1-3. 面接官は思考回路を見たい

 

三つ目は、貴方の思考回路を見たいのです。

 

 

なぜ志望動機で語っていたような思考になったのか。

 

どうして貴方は前職で華々しい結果が出せたのか。

 

 

貴方が発する言葉までの思考回路や論理性を見たいのです。

 

なぜ、思考回路が見たいのかというと、そこに地頭の良さが現れるからです。

 

地頭が良いというのは、勉強ができたり、高学歴であるということではありません。

 

地頭の良さは論理性です。

 

企業に入社するために必ずしも地頭の良さは必要ありません。

 

しかし、面接で候補者をどちらか選択しなければならない状況のときは、間違いなく地頭が良い方を選ぶでしょう。

 

なぜなら地頭が良い人は、物事のインプットとアウトプットの回転スピードが速いので、人より仕事ができます。

 

そのような人材は企業にとって魅力的です。

 

 

1-4. 面接官は話の一貫性を見たい

 

最後は、話の一貫性の有無です。

 

以下、実例です。

 

 

最初の問いに対する回答では、周りをサポートする側になりたいと言っておきながら、深掘りしてみると、どちらかというと引っ張っていく経験をしており、本心も引っ張る側の人材になりたいと思っている。

 

 

これは一貫性がないですよね。

 

でも、私が面接官をやっているとこういう人は結構多いです。

 

貴方もそうなっていないか確認してみてください。

 

一貫性がない人は、きちんとストーリーを考えられていないか、適当に嘘をついているのだと思います。

 

嘘をつくなら、一貫性のある嘘をつき通しましょう。

 

 

2. 面接官の深掘りに対する対策

面接官の深掘りに対する対策

面接官の深掘りに対する対策



 

さて、これまで面接官が深掘りをする理由や背景について紹介しましたが、これからは対策について紹介します。

 

 

2-1. 最初の問いにいい加減に答えるな

 

対策一つ目は、面接官の最初の問いにいい加減に答えるな!ということです。

 

面接では発する言葉一つ一つに責任をもってください

 

いい加減に発した言葉は後で命取りになります。

 

問いが分からないなら、「分かりません」と答える。

 

どうしても答えたいなら一旦落ち着いて「ちょっと考えさせてください」と伝える。

 

潔さがポイントです。

 

ゴニョゴニョ言われるより、スパッと言われた方が面接官としても気持ちがいいです。

 

 

2-2. 深掘りされるように罠を仕掛けろ

 

二つ目は、面接官にあえて深掘りされるように罠を仕掛けることです。

 

罠というのは、最初の問いで志望動機や自己PRについて聞かれると思いますが、そのときに「おっ」と思わせるエピソードを盛り込んでおくことです。

 

例えば、「全国大会で一位になりました」「バイトで誰よりも早く出勤し誰よりも頑張った自負があります」「人生で一番辛い◯◯な経験をしましたが、バネにして乗り越えました」など。

 

分かりやすいのは成果や結果ですが、泣きそうになったり、くじけそうな辛い経験だったり、あまり誰もやっていないような経験をエピソードとして盛り込むのは、面接官の気を引くことができます。

 

エピソードなら深掘りされてもいくらでも話せますよね?

 

面接では得意な戦場に自ら面接官を引き込みましょう。

 

 

2-3. 考え抜かれたエピソードを準備すべし

 

三つ目は、考え抜かれたエピソードを準備することです。

 

二つ目では得意な話やエピソードに面接官を引き込むことを紹介しましたが、せっかくの深掘りに対し淡々と語れば面接官は興ざめします。

 

だからこそ論理性が必要なのです。

 

エピソードには事象があります。

 

その事象にたどり着くまでに、少なからず自分なりに工夫した点考えた点仮説失敗トライなどありますよね?

 

なければそのエピソードは面接に適しません。

 

事象が生まれるまでに、

 

貴方はなぜ行動し、

 

なぜそういう考えに至り、

 

なぜそのような仮説を立て、

 

どう計画をし、

 

どう実行したのか。

 

実行した結果どうだったのか。(これが事象)

 

そして結果から何を貴方は学んだのか。

 

この一連の流れが、論理性がある考え抜かれたエピソードになります。

 

面接官が、「どうして貴方はそのような行動をしたのですか?」という問いに対し、貴方が「なんとなくやったら上手くいっちゃったんですよ(笑)」と答えたら落選です。

 

考え抜かれたエピソードを話しましょう。

 

 

2-4. 目線に気をつけろ

 

最後に、目線です。

 

面接官は貴方の目線も見ています。

 

分からない問いが来たときは考えると思いますが、そのときどこを見ていますか

 

誰しも考えるときに右を見る人もいれば、左を見る人もいます。

 

右がいいとか、左がいいという話ではありません。

 

目線を固定することが大切です。

 

目線を固定せずキョロキョロしていたら、面接官には「あーこの問いは自信がないんだな。あーこの問いについては嘘ついてるのかな?」というように懐疑的になります。

 

嘘をつくときも、目線には気をつけてください。

 

本日は以上です。

 

面接官から見た深掘り対策でした。