面接官のホンネ-面接対策TOMONI-

当サイトは就職活動、転職活動、アルバイト等ありとあらゆる場面でぶつかる面接について対策を綴っていきます。

就活の面接にお勧めの服装はこれ【面接官から見た適切な服装】

どうも。面接官のTOMONIです。

 

当記事は、就活の面接当日の服装について分からない人や、「服装自由と言われたけど何着ていけば良いの?」とか、「服装のマナーってあるの?」という疑問を思っている人に向けて解説しています。

 

私も面接をしていて、「服装自由と書いたけど、それはナンセンスでしょ。」とか、「なんだか汚いな」とか、「ネクタイの色はもう少し考えたりしなかったのかな」という印象を受けたことがありますので、こんな服装をすると悪印象だよ、という判断基準をもっています。

 

面接官の立場から服装について語るので、当記事の内容が大きく外れていることはないと思います。

 

それではいきます。

 

もくじ

 

1. 就活の面接にお勧めの服装はこれ

就活の面接にお勧めの服装はこれ

就活の面接にお勧めの服装はこれ



さて、就活の面接にお勧めの服装というのを、マナーも踏まえてこれから解説していきます。

 

この記事を読んだ貴方は、もう見た目で迷うことはありません!

 

 

1-1. スーツは無難にいけ

 

まず、スーツは派手なものやストライプの印象が強いものは辞めておきましょう。

 

無地の紺色または黒色がお勧めです。

 

どうしてもストライプが良いという方は、うっすら入ったシャドーストライプのスーツにしましょう。

 

スーツは社会人になってからいくらでも着ますので、今はカッコつけなくて大丈夫です。

 

学生と社会人になってからのスーツに対する価値観は変わってきます。

 

なので、今すぐ新しいものを焦って買ってもあまり意味がありません。

 

スーツにかける拘りと、コストは極力抑えましょう。

 

また、派手なスーツは爽やかではなく、悪印象になるケースもあります。

 

例えば、ストライプについてですが、これは相手を少し威嚇する印象になってしまい、相手に圧迫感を与えてしまいます。

 

たまに、はっきりとしたストライプのスーツを着ている社会人がいますが、あれは社会人だからカッコいいのです。

 

学生では着こなせません。私もそうでした。

 

だからこそ、濃紺(または黒)、白シャツ、ネクタイのバランスを丁度よくし、あまりスーツで目立たないようにしましょう。



1-2. ネクタイの色にも気を使え

 

次に、ネクタイの色にも気を使えということです。

 

例えば、会社のカラーで代表的なのはJALの色は赤色で、ANAの色は青色で皆さんイメージが定着してますよね。

 

そこまではっきりと会社のカラーというものが出ているのに、それを無視して紫などの色のネクタイをつけて行ったら、「この子は何にも考えてないんだな」となってしまいます。

 

自分の会社の色をしたネクタイをつけて行ったら、単純に少し親近感が湧くのがサラリーマンです。

 

サラリーマンは、会社を愛している人が多いです。

 

そんな人に、まだ学生の貴方が会社のカラーに合わせてネクタイを着けていき、面接に来たら「この子、可愛いやつやな」となることは間違いありません。

 

それぐらいサラリーマンは会社を愛しているのです。



1-3. 服装自由という罠

 

面接を受けていると、服装についてたまに指定がありますよね。

 

「服装自由」という指定が。

 

この服装自由というのは非常に困りますよね。

 

何を着ていけば正しいのでしょうか。

 

答えは、上は襟付きのシャツ又はポロシャツ、下はスラックス又はチノパンです。

 

ジャケットは着ても、手に持ってもどちらでも大丈夫です。

 

イメージは、高級なレストランに入る服装です。

 

高級なレストランにTシャツ一枚とジーパン、スニーカーでは行かないですよね。

 

また、ロンTとジーパンでも行かないですよね。

 

つまり、そういうことです。

 

服装自由というものの、会社のオフィスに入るのでラフになりすぎないように気をつけましょう。

 

「服装自由なのだから、なんでもいいのでは?」

 

と思うかもしれませんが、それは貴方は何も考えていないことになります。

 

会社に行くということや、面接をするということは、どういうことなのか考えてみましょう。

 

目的は面接して採用してもらうことです。

 

どういう人を採用したいか本質を考えるのです。



1-4. クリーニングを活用せよ

 

スーツを着ていても、たまにズボンのプレスが全くついていなく、だらしない印象に見える方がいるのでこれも気をつけてください。

 

プレスは自宅でもできるものがありますが、クリーニングに出すことをお勧めします。

 

クリーニングに出した方が、綺麗にプレスしてくれますし、貴方の時間も奪いません。

 

1000円以下で、綺麗にしてくれて時間も取られず、かつ面接官の印象が良くなる。

 

使わない手はないと思います。

 

また、上着のシワにも気をつけてください。

 

面接では後ろ姿は見えないと思ったら大間違いです。

 

面接を終えて貴方が、面接会場から出るとき、貴方は面接官に背を向けるのです。

 

貴方が面接会場を出る直前まで、貴方のことは面接官はずっと見ています。

 

そのときに、上着の後ろにシワがあると少し残念な気持ちになります。

 

事前に準備できるところは、手を抜かずに準備していきましょう。

 

スーツに関しては、別に新品でなくても、高級品でなくても構いません。

 

ただ、クリーニングは出しましょう

 

これはワイシャツも同じです。

 

スーツで隠れてるから大丈夫と思ってもそれは間違いです。

 

スーツの下や袖から、ワイシャツのシワという目立ちやすいし、目がいきやすいのです。

 

ワイシャツはできれば着る度にクリーニングに出し、スーツは月に一回クリーニングに出せば大丈夫です。



1-5. 髪型も含めて服装という

 

さて、最後は髪型です。

 

髪型も含めて服装と言います。

 

当然ながら、明るい茶色やそれ以外に明るい色はなるべく避けた方がいいです。

 

本当の自分を見てもらいたいので、普段通りにいきます!という方は残念ながら落選です。

 

日本の会社はまだそこまで緩くはありません。

 

服装はともかく、なぜか髪型や髪色については日本の会社は非常にうるさいです。

 

ベンチャー企業でも面接官が大企業出身である可能性があるので、ベンチャー企業だから何でもいいでしょ、という考えは要注意です。

 

また、セットの仕方も激しいツンツンした髪型や、動きのある髪型も注意です。

 

普段やんちゃな髪型をしている貴方も、面接のときだけは落ち着いた髪型にしましょう。

 

 

2. まとめ

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

就活の面接時に、服装については非常に迷うと思いますが、今までお伝えしたことを守れば絶対大丈夫です。

 

面接官が言うので間違いありません。

 

それでは、ここまでのまとめをしましょう。

 

・スーツは無難に黒または紺無地で行こう

・ネクタイの色は極力会社カラーに合わせよ

・服装自由は高級レストランと考えよ

・クリーニングは使おう

・髪型も含めて服装である

 

以上が本日のまとめになります。

 

みなさん、頑張ってください。