面接官のホンネ-面接対策TOMONI-

当サイトは就職活動、転職活動、アルバイト等ありとあらゆる場面でぶつかる面接について対策を綴っていきます。

未経験でもエンジニアとして転職できるのか【たった一つの方法】

どうも。面接官のTOMONIです。


当記事は、「未経験でもエンジニアになれるのか」「転職でエンジニアは受かりやすいのか」「エンジニアはどうやったらなれるのか」という疑問をもつ貴方に向けて解説していきます。

 

記事を書いている私も実は転職するときに、エンジニアの道を考えに考えプログラミングスクールにも通った経験があり、エンジニア枠で転職活動をしていたことがあります。(年収が高いので)

 

なので、当記事は私自身エンジニアとして仕事はしておりませんが、転職活動をしていた経験がありますので、是非参考にしていただければと思います。最後に面接対策についても触れています

 

それではいきます。

 

もくじ

 

 

1. 未経験でもエンジニアとして転職できるのか

 

未経験でもエンジニアとして転職できるのか

未経験でもエンジニアとして転職できるのか

さて、未経験でもエンジニアとして転職できるのかということですが、結論から申し上げると転職は全然可能です。

 

これ以降書いていきますが、今エンジニアという職種は非常に需要がありますので、基本スキルと、私の面接対策さえ身に着ければ大丈夫です。

 

そのあたりも解説していきます。

 

1-1. そもそもエンジニアとは

それではまず、そもそもエンジニアとは、というところから解説していきます。

 

貴方のエンジニアとは、どういうイメージがあるでしょうか。

 

一日中座ってキーボードを叩きまくっている人でしょうか。

 

それともPCをつくっているでしょうか。

 

どれもエンジニアというイメージではあっています。

 

しかし、エンジニアといっても、色々と種類があるのです。

 

いわゆるプログラミングができ、Webやアプリのコードが書けて開発専門の人材のこともエンジニアと言いますし、コードを書くだけでなくPCのシステムの提案や設計、そのほかの部署とやり取りしてPMみたいなこともするのもエンジニアです。

 

なので、自分がエンジニアになってどんなことをしたいのかをまず考えたほうがいいと思います。

 

アプリやWebサービスを作りたいなら確かにそれはエンジニアの仕事です。

 

エンジニアで稼いでいる人はそういう人です。

 

そんなエンジニアになりたい!という人は是非これ以降も当記事を読み進めていってもらえたらと思います。

 


1-2. エンジニアの需要

では貴方がなりたいと思っている、エンジニアはどれくらいの需要があるのかを解説していきます。

 

供給量より需要量の方が上回らないと転職は難しいです。

 

ましてや未経験だと特に。

 

結論から申し上げると、エンジニアの需要は非常にあります

 

経産省の調査によると2020年でIT人材というくくりですが37万人不足すると言われております。

 

恐らく貴方が転職先として狙っているであろう大企業が1万1000社ありますので、単純計算で一社につき37人不足していることになります。

 

これはとんでもない数です。

 

なぜこんなにも不足しているのかと言いますと、今後スマートフォンウェアラブル端末はじめ、IoTやAIの普及がどんどん進み、エンジニアが活躍する場が圧倒的に増えるのです。

 

世の中は貴方も感じているようにどんどん新しいモノがでてきて、どんどんIT化が進んでおります。

 

それに伴い、エンジニアという人材は必ず必要です。

 

需要が高いのは事実ですが、一方でエンジニアという人材はスキル面ばかり立派で、基本的なコミュニケーションが取れない人材も多く存在し、扱いになれていない経営者がいるのも事実です。

 

しかし、もし貴方が前職が営業だったとか、人とコミュニケーションを取るのは得意ということでしたら、基本的なスキルさえ身に着けてしまえば鬼に金棒です。

 

以上のように、ただでさえ転職市場が追い風の中、特にエンジニアという職種は非常に需要があり、今転職するなら絶好の職種だと言えます。

 


1-3. エンジニアの年収

さて、そんな気になるエンジニアの年収について解説しましょう。

 

最近日経新聞でも良く掲載されていますが、スキルが伴えば一年目から年収1100万円という募集もあります。

 

また、1000万はいかなくとも、800~900万というのは転職市場ではざらにあります。

 

未経験で20代の転職となると600万ぐらいにはなりますが、それでもそこから修行してスキルをさらに高めたら次の転職では相当良いオファーがくることは間違いありません。

 

なぜ、こんなに高いのかというと、それは既述したように圧倒的に需要があるからです。

 

他の職種よりも年収を高くしてでも人材確保に皆企業は必至なのです。

 

また、日本というのが世界に比べて安いというのもあります。

 

800~900万という年収で驚かれているかもしれませんが、世界ではもっと高いです。

 

よって、高度なスキルをもった優秀な外国人のエンジニアを雇うとなると20代でも1500~2000万は平気でかかります。

 

海外の相場がそうですから。

 

だから日本では、未経験でも基本的なスキルが備わってて、コミュニケーションも取れて向上心もあるという方でしたら、600万ぐらいなら喜んで企業は出すのです。

 


1-4. 未経験でもエンジニアになるためには

はい、ようやくエンジニアになれる方法について解説します。

 

エンジニアになるために世の中では本や、ネットなど色々と情報が出ておりますが、独学で学んで転職をするのはおすすめしません

 

なぜなら、独学で学ぶと周りがどのようなことを求めていたり、どのようなスキルをどこまで身に着ければ転職できるのかということが明確ではありません。

 

ただ何となく、ここまでコードが書ければいいかなとか、ここまで知識を習得しておけばいいだろうという、根拠のない予想となってしまいます。

 

よって、効率よく確実にエンジニアに転職するためには、スクールに通うことを私はおすすめします。

 

なぜなら、私自身もそうでしたし、とにかくこのスクールのおかげでエンジニアにキャリアチェンジできたという人が非常に多いです。

 

以下に、おすすめのスクールを掲載しておきましたので是非ご覧になってください。

 

【株式会社Branding Enginnerが運営するTech Boost】
こちらのTech Boostはプログラミングスクールです。

 

エンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているからこそのカリキュラムを実現しています。

 

特徴としては、このスクールを卒業後すぐに働くことができるようなカリキュラムになっており、厚い転職支援もしてくれます。

 

また、AI, IoT, ブロックチェーンなどの、最先端技術も学ぶことが可能です。

 

テクノロジーはどんどん進化していくので、エンジニアになるためには新しい技術や知識には常にアンテナを張っておきましょう。

 

オンラインでの相談もやっているので、必ずface to faceでカリキュラムをこなさないといけないということはありません。

 

キャリア相談も経験豊富な方が相談に乗ってくれるので、初めての転職の方にはもってこいの環境です。

詳しくは以下↓↓

 

 

【株式会社インフラトップが運営するDMM Webキャンプ】
会社名がインフラトップなのに、なぜDMMというサービス名がついているのかというと、これはDMMが以前インフラトップを買収したからであります。

 

こちらのサービスは転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクールです。

 

本気で考えているというのは、転職を保証しているためです。

 

エンジニアになるために、プログラミングをマスターする必要がありますが、プログラミングは簡単ではありません。

 

そのため途中で挫折する人が多いです。

 

しかし、当スクールはスクール生のどこよりも高い継続率を誇り、サポート体制がとてもしっかりしていると、好評です。

 

詳しくは以下↓↓

 

 


【ポート株式会社が運営するフューチャリズム】

最後に、こちらは転職もいいけど、フリーランスを検討している方に向けたサービスです。

 

フリーランスになれば、自分で自由に働くことができ、給料も自分のスキルがそのまま反映される魅力的な働き方です。

 

当サービスは、フリーランスIT技術に詳しいコンサルタントがサポートしているため、初めてのフリーランスの方が多く利用しています。


また、高額案件が多く、低マージンで、細やかな希望にも対応しています。

 

 


1-5. 転職を成功させるために

最後に、転職を成功させるためにということを書いておきます。

 

エンジニアの転職は需要があり、年収も高く魅力的な職種には間違いありませんが、未経験からの転職となるとそれなりにきちんと努力をしなければなりません。

 

エンジニアの勉強は主にプログラミングになりますが、このプログラミングが既述しましたように本当に心が折れます。

 

難しくて、調べてもわからないことはあるでしょう。

 

ときに嫌になったりするでしょう。

 

私もそうでした。

 

しかし、そこであきらめては終了なのです。

 

エンジニアになんかにはなれません。

 

転職も成功しません。

 

けれども達成した暁にはきっと良い未来が待っていると心の底から思います。

 

なのであとは貴方次第です。

 

上記で紹介したスクールは心を決めた貴方をしっかりとサポートしてくれます。

 

貴方がしっかりとついていけば自然と成長し、自然とスキルも付きます。

 

だからこそ全力でスクールに挑んでください。

 


2. まとめ

まとめ

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

 

以上が、未経験からでもエンジニアに転職する方法でした。

 

これまでのことを下にまとめさせていただきます。

 

・エンジニアはスキルに加えコミュニケーション力があれば鬼に金棒
・エンジニアの需要はとてつもなく、今後もさらに伸びる
・エンジニアの年収は800~900万がざらにある
・エンジニアになるのは簡単ではない
・あきらめてしまうかもしれないが、あきらめたら終わり
・やり切った人たちだけが、最高の転職切符を手にする

 

要は、エンジニアは良い職種で、努力さえすれば誰でもいい仕事が待っています。

 

今の時代こんないいことはありません。

 

未経験の人でも学校に少し通うだけで一気に年収アップできてしまうことなんて他の職種では、実績をもたない限り無理です。

 

あとは努力できるか次第です。

 

すべて貴方次第。

 

頑張ってください。